アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
クンのひとりごと
ブログ紹介
Кунсулуу в Кыргызстане
«Кунсулуу» キルギス女性の名前でロシア語クラスで命名してもらいました。
意味が素敵! »晴れの日の太陽»。
名前負け・・・しているけど、笑顔を忘れずに、日々少しでも感謝の気持ちや幸せを感じながら、過ごすことができたら素敵だなぁ、って思います。

青年海外協力隊で日本語教師としてキルギスで活動中クンのブログです。日記はいつも3日坊主なので、このブログも気の向くままに更新していきたいと思います。
zoom RSS

やっぱりショートヘア

2008/11/23 20:29
日本では敬老の日ですね。キルギスでは通常通りの日常ですが、12月に行われる日本語能力試験の締め切りでした。
私が担当しているクラスの学生もほぼ全員受けます。楽しくわかりやすい授業ができるように日々考えているのだけど
試験に受かるのも自信にもなると思うので試験対策講座もやります!
と、気合いを入れたところで、2ヶ月半のびっぱなしの髪を先輩隊員にカットしてもらいました。やっぱり髪の毛洗うのはショートのほうが楽だね。
2年間のばしっぱなし計画はたった2ヵ月半ではやくも終了〜。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


盆踊り大会

2008/11/23 20:27
第1回盆踊り大会がキルギス日本センターで行われました。
私はハッピをきてゲームコーナーのお手伝いとして参加したのですが、
やっぱり盆踊りの輪に入ってみんなと踊らないと!ってなことで思い切り楽しんじゃいました!
私が活動している大学の学生も大会前に他のボランティア隊員から熱心に踊りを習い、練習していました。
模擬店などで学生も手伝いをしてくれました、見に来てくれた学生も多くてまたまた嬉しかったです。
(日本語ネイティブなのに”うれしい”の連発で表現が乏しいですが”うれしい、たのしい”が正直なところですね)
浴衣も自分で切られる人も多くてびっくりしました。キルギス人と日本人は顔がそっくりなので
話をしなければ日本人と思うくらいです。私も話をしなければキルギス人に間違われることもしばしばあります。
キルギス人と日本人はもとは同じ民族だったという話もあります。
バザールに行ったときに年配のおじさんが、私が日本人だとわかると「キルギス人と日本人は昔は同じ民族じゃったんだ。
その中で魚が好きな人は東にいったんじゃ。それが日本人。肉が好きな人は高原に移動し生活を続けた。それがキルギス人じゃ。
キルギスとウズベキスタンやカザフスタンは国は近いが顔をそんなに似ておらん。日本は遠いが顔はそっくりじゃろ」ってなことを
お客さんもそっちのけで熱心に話してくれました。服装によって回族や中国人や韓国人に間違われることもしばしばあるのだけれど、
こんなことを言われたら嬉しいよね。なんか親近感がわいてきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新学期 2週間目

2008/11/23 20:27
新学期がはじまり約2週間。初めの1週間は地方に住んでいる学生はまだ帰ってこないケースが多いそうです。2週間目から学生がそろうようになりました。担当している4年生のクラスは13名〜17名。80分授業ですが始まりはいつも遅れるので実際は70分の授業になっています。ついつい話が横道にそれてしまうことが多々ありますがやっぱり文法より雑談のほうが興味あるのはどこの国でも同じですね。
雑談といっても私のキルギス体験記や日本の体験談とか日本の紹介なので、キルギス文化やロシア語について質問すると学生が丁寧に教えてくれるし、日本についても興味を持ってくれるのは日本語教師ならではだと感謝の気持ちです。それにしても学生の日本語のレベルが高いことに驚いています。日本に行ったことがない学生が多いのに、日本で会った日本語を勉強しているしている学生とひけをとらないくらいです。活動が始まってから自分自身も日本語文法や日本について調べる時間が大半で、ロシア語は買い物のときくらいというほど日本語にどっぷりつかっています。でも学生も一生懸命勉強してくれているので私もロシア語の単語くらいは増やしていきたいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


計画停電

2008/11/23 20:25
8月後半から電力不足のためチュイ州で計画停電というものがはじまりました。チュイ州は首都ビシケクが含まれる地域です。3月まで続くそうです。
学生たちによると今までは不規則的に停電はあったものの長期間にわたって計画停電を行うのはなかったそうです。
※学生たちは日本語が本当に堪能でキルギス生活で疑問に思ったことなどは全部日本語で教えてもらっています。本当に頼りになります。
ビシケク市内でも地域ごとに停電になる時間がことなっているのですが、一日6〜7時間の停電があります。
私の住むクバルティーラ(アパート)では週3回22:00から週1回18:00からの停電があります。1週間くらいで慣れるもんですね。
スベチカ(ろうそく)と懐中電灯を買ったのでいつ停電が起きても大丈夫!夜は停電になったら翌日の授業の準備も当日の朝早くおきてやろうと
わりきって早く寝てしまうことにしました。
日本では5時間程度の睡眠だったけどキルギスに来てから7〜8時間とたっぷり睡眠をとっています。やっぱり健康第一!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キルギス伝統楽器 コムズ始めました♪

2008/11/23 20:24
コムズ始めました。
キルギスの伝統楽器の一つコムズを始めました。今日が練習初日。
先生は音楽大学の学生にお願いして月2〜3回はやりたいと思っています。
いよいよキルギスも夏が終わりです。秋の夜長というより冬外に出られない時間を
楽器を弾いて過ごそう計画です。
コムズは弦楽器で、弦は3本、ウクレレより大きく、ギタレレに見た目は似ているかもしれません。
特技がこれといってないので、この2年間でコムズが特技といえるくらい上達したいです。無理かな?
キルギスの楽器はやってみたかったので、先生がすばらしい演奏をしているのを聞いてコムズに
やることに決めました。とりあえずぼちぼちやっていきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


授業開始

2008/11/23 20:23
新学期が始まりました。私は4年生と5年生を受け持つことになりました。5年生は9月中は実習なので10月から授業が始まります。9月は週に80分授業を1コマとして6コマ。10月から11コマを担当することになります。
初めての授業は緊張しましたが学生が活発に発言してくれるのに助けられました。
4年生は卒業まで2年あります。私の任期も2年です。2年後に皆で一緒に卒業したいなぁと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新学期

2008/11/23 20:22
8月後半から赴任先の大学で新学期の準備のため活動がボチボチ始まりました。
9月1日は入学式。キルギスでは「知識の日」というそうです。
8月31日が独立記念日でしたが日曜日だったので振替休日として9月1日は休みの機関も多かったようですが
大学では入学式が行われました。シュコーラ(小学校〜高校)でも入学式が行われるところが多かったようで
マルシュルートカ(乗り合いタクシーとして市民の足となっている小型のバン)でもブラウスにスカートを着て
頭にリボンをつけている5〜6歳の女の子が母親と一緒に乗っている姿を見かけました。
大学では1年生以外は休みでした。
入学式は大学の前の広場で行われました。
学長と各学部長の挨拶、先輩学生の挨拶、先輩学生の歌、新入生のダンスなどがありました。
学科ごとのオリエンテーションもおこなったのですが日本語学科の学生も36名入学しました。
少しでも日本に興味を持ってくれたら嬉しいなぁとわくわくしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


出産祝い

2008/11/23 20:21
9月からの新学期にむけて9月に入る1週間前から大学に通いはじめました。
6月後半に来たときよりレジストレーションなどで学校に来る学生もおり活気が感じられます。
今年日本語学科室の教師2名が出産したそうです。1人は6ヶ月。1人は3ヶ月だそうです。3ヶ月のお子さんをもつ同僚の教師の家に子どもの誕生祝として他の同僚とともに招待していただきました。生まれてから3〜4ヶ月でお披露目もかねたお祝いをするのがキルギスでは習慣としてあるそうです。食べきれないほどのすごいご馳走でした。これがキルギス式のお祝いなんだそうです。沖縄のお通りみたいに、1人ずつ一言言って乾杯をしていきます。イスラム教徒が多いキルギスですが、遊牧民族である習慣からかロシアの影響からかアルコールはウォッカ!みたいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏休み〜イシク・クル一周の旅〜

2008/11/23 20:20
8月7日〜14日
イシク・クル湖を周ってきました。2〜3日前の首都ビシケクは夕方でも40度を越える日がありましたが、ビシケクを離れると標高も高くなるし湖に近くなるからか快適な1週間でした。キルギスには海はないのですが、海みたいに広く水は青いです。ビシケクのキルギス人は夏になると、イシククリに行くと言う人が多いです。水も薄い海水だし、水の色は青く、浅瀬と沖では水の色が異なりグラデーションになっているし湖が見えている間は「海〜、海〜」とテンションがあがりっぱなしでした。キルギスの冬は厳しいので先輩隊員にも「良い時期に来たね〜」といわれます。イシク・クル湖でも子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで思い思いに夏を楽しんでいるようでした。湖でビーチボールで遊んでいたらおじいちゃん、おばあちゃんが「私もいれて」と元気に遊びの輪に入ってきて、なんか「わ・和・輪」を感じました。もちろんこの国は山岳地帯、標高はビシケク900m程度ですが、他の都市は標高1500〜2000mという都市も多いです。もちろん標高が高いのでビシケクより涼しいです。アルティン・アラシャンではババシャツにセータにジャケットに首にマフラー代わりに布を巻いて寝るくらい寒かったです。

ルートは「ビシケク〜チュイ州タムチ〜カラコル〜アルティン・アラシャン〜カラコル〜アクテレック〜ボコンバエバ〜塩湖〜ブラナの塔〜ビシケク」

この1週間で首都ビシケク以外の町や場所を見て周り、首都以外の隊員のお宅へお邪魔させていただいたり、活動場所を訪問させていただいたりしたことは
キルギス=ビシケクではないということを改めて感じ、考える良い機会でした。
ビシケクのホームステイ先では水道もあり水洗トイレ(もちろん紙は流してはだめだけど)もあり周りにはマガジンもありの生活でしたが、
水を道端にある井戸からくみ上げていたり、水道がある家でも昼間と夜は断水のため水が出ている時間帯にバケツに溜めておいたりという生活もほんの一部だけど知ることができた旅でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キルギスでの地震

2008/10/07 01:44
ごぶたさです。3ヶ月ぶりです。
昨晩キルギスで地震があったので近況報告までです。
地震があったのはキルギスの南のオッシュ地方と中国との国境です。
私のいるビシケクはキルギスの北なので影響はありません。
でも被災者もでているので喜べない状況ですが。
世界中に仲間がいるのは心強いけど、各地でのいろいろなニュースを
耳にするとやっぱり心配。無事を祈っています!!!

先月のマナス空港での飛行機墜落事故のときや
今回の地震で大丈夫?メールくれた方々ありがとう。
取り急ぎ報告まで。

近々3ヶ月分更新する予定。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


引越し

2008/08/01 17:17
キルギスに到着して1ヶ月。
午前中は最後の語学クラス、午後は引越し、夕方から語学発表会でした。

夕方からの語学発表会の前はホストファミリーと別れて、クバルティーラへ引越し。中心街から遠くなるけど、山に少しだけ近くなりました。基本的にこちらのクバルティーラは家具や調理器具もそろっていて入った日からすぐ生活できるようになっているそうです。

とりあえず引越しをすませ次は語学発表会。原稿が頭に入っていない。

JICA関係者、先輩隊員、同期隊員、ビデオの前でロシア語でのスピーチ(気持ち程度2文位キルギス語で)は緊張しまくりでした。
日本語教師は活動では日本語メインのため
なかなか語学力がのびない職種といわれているので、自分なりの勉強は続けていかないと!
派遣前の訓練所でロシア語を初めて勉強した時にロシア人の先生が日本語を流暢に話せたことを考えると気軽に「これはロシア語でなんといえばいいの?」と質問できたし勉強にもなったことを思い出して気長に頑張るぞ!ボチボチね!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ヤ プリイエハラ フ キルギスタン!

2008/07/02 21:16
ズドラストビーチェ! エタ Кун ピシュー。ヤ プリイエハラ フ キルギスタン。クラッセエ ルスカバ イズィック イキルギスカバ イズィック ブドゥート ナチナッチ ザフトラ。 カクダ ヤ プリイエハラ フ ビシケク 26ти イリョーエ、ヤ リブリュー ズジェーシ。

26日朝、無事キルギス、マナス空港に到着しました。
当日の昼にホストファミリーが事務所に向かえに来てくれるはずが
私のホストファミリーだけなかなか来ず1時間遅れで迎えに来てくれてほっと一安心も3時間ほど。
都合により他のホストファミリーのところへお世話になることに。
たった3時間だったけど、片言のロシア語でも会話をしてくれてありがとう。
私的には楽しい時間だった。
次のホストファミリーも辛抱強く会話してくれる雰囲気。

おとといは非公式で赴任先の大学へ挨拶に行った。
夏休みなので少し静かな感じ。

キルギスってあまり熱いイメージはなかったけど、夜中でも30度オーバーで昼間も熱い。
湿度が日本に比べて低いのでジメジメの暑さではない。
街も緑が多く、首都だからかイメージしていたより都会だ。
市民の足であるマルシュルートカも乗りこなしていかないと!
明日から現地語学訓練が始まる。こっちではキルギス語だと好印象の様子なので
キルギス語もがんばろう!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


US$へ両替できず・・・

2008/06/19 22:25
今日は手続きの日と決めて行動。
市役所での手続き、税金や年金納付、などなど。
そしてUS$への両替。地元の銀行2件行ったけど即日両替できず・・・
「外貨購入申込」という書類をFAXして翌日または翌日以降に
宅配業者が来てそこでJPYとUS$を引き換えるのだそうだ。
空港でしかしたことがなかったので、知らなかった・・・
以前はできたみないだけど。
結局申し込みが15時直前だったもんで来週の月曜まで待つことに。

亀なペースで少し進んだ1日だった。
そろそろ焦らないと!

出発前に会いたい人はたくさんいるけど家の都合で断念。
少しさみしいけど、心残りがあった方がいいかも。
っていうかこれで最後じゃないし
みんなそれぞれの道で頑張っているしって思うと
「じゃ、また!」っていうのが自分や友人にあっているかも。
うん。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


ビストロ ビストロ 荷造り。

2008/06/19 00:23
ドブリー ノチェ!
ヤ フシグタ シストリーチ。
パチム? ヤ マグラ フストリーチ ウチーテリニッツア
イポンスカバ イズィカ シボードニャ カトリ
プリパダバーラ ムニェ。
アナ プリダーラ ムニェ ムノーガ パワー。

週末通学していたときの恩師に会って
またまたパワーを貰った。
彼女は自分の経験や豊富な知識の引き出しを
沢山持っている。
パワフルでチャレンジャーな姿勢見習いたい。
先生の言葉がひとことひとことありがたい。
心に大切にしまっておこう。

そして出発のための荷造り。
いっこうにすすまない・・・
ビストロ! ビストロ! ノ・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


久しぶりのロシア語デイ

2008/06/18 02:25
ズドラストビーチェ〜!
シボードニャ ヤ アベダバーラ ス パドルガミー イ 
クラシーバヤ プリパダバーチェリニットイ
カトリー イズチャーリ ルスキー イズック フ アドナ クラセ。
ヤ ビラ ウジビーリ パタムシュト ヤ ザビバーラ ルスキー
イズィック トリカ ザ ピャーチ ジニィァ。
ノ ヤ オーチン ラダ パタムシュト ヤ マグラ
フストリチャーティ ス イェイ!
イ ガバリーラ パルスキー 
イ イエラ フクスナ ルスキー ブリュードゥ!
ヤ ドルジナ イズチャーチ キルギジー ブリューダ
カクダ ヤ ジブー フ キルギスターネ。

語学クラスの仲間と久しぶりに(5日ぶり?)再会!
なつかく感じたけど違和感はなかった。
あいかわらず会ったときの一声は”ズドラストビーチェ〜!”。
たった5日、されど5日。ロシア語の単語が出てこない。
訓練終了後まったくロシア語を使っていなかったとはいえ
忘れるのははやいもんだ。ヤバイ。

でも久しぶりのロシア語デイはおいしいロシア料理をかこんで
ガンバルゾの力を補給できた時間だった。
2年後には私がキルギス料理をふるまえるよう腕をみがきます!

荷造りもはじめなくては・・・訓練所からの引き上げ荷物が・・・
よし!ヤルゾ。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


初ブログ日。

2008/06/16 19:45
ブログ始めてみました。今日がでびゅ〜です。

もうすぐ青年海外協力隊としてキルギスへ向けて出発します。
先日派遣前65日間訓練を修了することができました。
あっ!という間だったなぁ。

お世話になった方々、一緒に笑ったり、泣いたり、
語り合ったりした仲間たち、支えてくれた恩師や友人、
そして家族、本当にありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです。

全国から集まったバックグランウンドも発想も
職種も違うけど魅力的な仲間たちと
共に過ごした日々は大切な宝物!
日本全国から集まって世界各国へ飛んでいくなんてすごいなぁ。
みんながどこかで頑張っていると思うと勇気が湧いてくる。
ブログを始めたきっかけも世界各国に飛んでいく仲間たちや
大切な人々と少しでもつながっていたいから。

今やっと夢だった青年海外協力隊の
スタートラインにたてたかな?
赴任地キルギスは私にとって未知の国。
楽しみ!ドキドキ、ワクワクです。
前を向いて一歩ずつ歩いていこう!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


月別リンク

クンのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる