クンのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休み〜イシク・クル一周の旅〜

<<   作成日時 : 2008/11/23 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月7日〜14日
イシク・クル湖を周ってきました。2〜3日前の首都ビシケクは夕方でも40度を越える日がありましたが、ビシケクを離れると標高も高くなるし湖に近くなるからか快適な1週間でした。キルギスには海はないのですが、海みたいに広く水は青いです。ビシケクのキルギス人は夏になると、イシククリに行くと言う人が多いです。水も薄い海水だし、水の色は青く、浅瀬と沖では水の色が異なりグラデーションになっているし湖が見えている間は「海〜、海〜」とテンションがあがりっぱなしでした。キルギスの冬は厳しいので先輩隊員にも「良い時期に来たね〜」といわれます。イシク・クル湖でも子供からおじいちゃん・おばあちゃんまで思い思いに夏を楽しんでいるようでした。湖でビーチボールで遊んでいたらおじいちゃん、おばあちゃんが「私もいれて」と元気に遊びの輪に入ってきて、なんか「わ・和・輪」を感じました。もちろんこの国は山岳地帯、標高はビシケク900m程度ですが、他の都市は標高1500〜2000mという都市も多いです。もちろん標高が高いのでビシケクより涼しいです。アルティン・アラシャンではババシャツにセータにジャケットに首にマフラー代わりに布を巻いて寝るくらい寒かったです。

ルートは「ビシケク〜チュイ州タムチ〜カラコル〜アルティン・アラシャン〜カラコル〜アクテレック〜ボコンバエバ〜塩湖〜ブラナの塔〜ビシケク」

この1週間で首都ビシケク以外の町や場所を見て周り、首都以外の隊員のお宅へお邪魔させていただいたり、活動場所を訪問させていただいたりしたことは
キルギス=ビシケクではないということを改めて感じ、考える良い機会でした。
ビシケクのホームステイ先では水道もあり水洗トイレ(もちろん紙は流してはだめだけど)もあり周りにはマガジンもありの生活でしたが、
水を道端にある井戸からくみ上げていたり、水道がある家でも昼間と夜は断水のため水が出ている時間帯にバケツに溜めておいたりという生活もほんの一部だけど知ることができた旅でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏休み〜イシク・クル一周の旅〜 クンのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる